TOPICS

イベント

レッツ東立石地域勉強会

2017.09.05

9月2日にひまわり堂グループの提携先であるクリニックで勉強会が開かれ、

「元ヤクルトスワローズ杉浦亨さんのプロ野球選手になるための野球教室」

「柔道整復師が教える体幹トレーニングと大事に至らないための正しいテーピングの巻き方」

の二つの講座を行いました。

一つ目の講義は元ヤクルトスワローズ4番の強打者の杉浦亨さんにご教示頂きました。

杉浦さんは打球の速さと強いバッターでベストナインやオールスターゲームにも選出され、記憶に新しいのが日本シリーズ第1戦の代打サヨナラ満塁ホームランがとても印象的でした。

講義前に施術させてもらう機会がありましたが、身体の筋肉はしっかりしており、引退されたとは思えないほどでした。

今でも歴史に残るヤクルトスワローズのレジェントです。

 

今回の講義では杉浦さんは努力は実を結ぶとおっしゃいました。

ご本人も現役で思うように結果が伸びない時でも毎日素振り1000回をし、

それを続ける事でまた打率が上がったそうです。

どの業界でも努力を惜しまず一つの事を繰り返すことで実になる事や若い時の秘話など多くためになる話をして頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二つ目はひまわり堂の金町院の杉山先生とオレンジ院の渡辺先生が講義をしてくれました。

杉山先生が野球でよく痛める肩や肘のテーピングの貼る方向や本数を教えて頂きました。

渡辺先生には先日ワールドカップを決めたサッカー日本代表の長友佑都選手も実践している

「KOBA式体幹トレーニング」を実技形式で行っていただき、怪我をしない為の身体作りには内側から鍛える必要があると教えて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は杉浦さんの野球教室とひまわり堂のテーピングと体幹トレーニングでしたが、

今後も勉強会を開いていくので、患者さんだけでなく一般の方の予防に繋げる様に頑張っていきたいと思います。