TOPICS

イベント

第3回 日中友好オープン演武大会IN TOKYO

2018.05.30

こんちには(^_-)-☆

 

先日、帝京科学大学で開かれた

全日本太極拳連合会主催の

「日中友好オープン演武大会INTOKYO」に

トレーナーとして参加してい参りました!

 

主な活動内容としては

ひまわり堂ブースを開き、選手の治療や

観覧しに来られた一般のお客様に対しても

施術をおこなうという内容です(^^)/

 

今回は

南口院の窪田院長と

本院の伊勢副院長と木村と3人で参加でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中の部では

講習会が開かれており、集まった経験者の皆さんが

もくもくと講師の方々の講習を受けていました!

 

講師のみなさんは

それぞれ一流の老師の方々なのですが、

(中国では年齢とは関係なく、学問のある人の敬称で

老師と呼ばれます)

 

まったく

武術や太極拳などがわかっていない私でも

息をのむような演武を披露していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演舞が開始され、老師以外にも

教室の教え子さんなどが全国から集まり

様々な演武をしているのですが、

途中でお客さんと一緒に

太極拳を体験する時間もあり、

私も参加したのですが、これがなかなか難しい。

 

一つ一つの動きに意味があり、とても姿勢よく優雅に

行わないと意味がないようで・・・・

次の日には首回りが筋肉痛になりました。笑

 

周りをよく見ると、お客さんも披露する生徒さんも

おじいちゃんから高校生まで老若男女問わず

たくさんの方が集まっていました。

披露する生徒さんの中で78歳のおじいちゃんも

参加されていて、とても力強い演武をしていたので

感動しました(^^)/

 

大会の最後には

帝京科学大学東京柔道整復学科の杉山学科長が

演舞してくれました!

 

空手道空林会最高師範である杉山学科長の演武は

すごくドキドキしました!

いつもはにこにこされていて優しい方なのですが

演舞中は凄くきりっとされていて、普段とは違う顔を

みることができて光栄でした(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

選手とお客さんを含め

全部で30人の治療をさせていただいたのですが

やっぱり日ごろから運動をなさっている方々の

施術はまた違うものがありますね。

 

日々鍛えている方は

精神も鍛えられているといいますか、

意識の高さを皆さんに感じました。

 

年をとっても

健康で楽しくいようという気持ちは大切ですね。

 

次回の大会は8月に開催されるのですが

次は武術大会なのできっと会場は緊張感あふれる感じなのかなと

今からワクワクです( *´艸`)

 

勉強しつつ楽しんでまいります(^^♪