メッセージ

出会いに感謝しご縁を大切にする

私は18歳でこの道に進み、色々な思いで仕事をし、
その中で「縁を大切にする」と言うことを意識して続けてきました。
毎日来院される患者様との縁もそうですが、ひまわり堂に集まってくれたスタッフ達との縁もとても大切だと思っています。

患者さん達一人一人の事を考え、スタッフ達一人一人の事を考え、皆さんがどうすれば幸せになれるか一緒に考えようと思っています。

患者さんに対しては、来院された現在の怪我、症状の治療だけに留まらず、再度怪我をしないように指導やリハビリをします。
患者さんの今後を考えて怪我の予防や日常生活の指導をすることが縁を深く大切にする事だと思っています。

怪我をする前は何をする?怪我をしたら何をする?怪我が治ったら何をする?
この事を本気で考えてあげられたら患者さんは幸せだと思います。

スタッフに対しても、ひまわり堂で出会った縁を大切にして、たとえ退職をしていっても、仲良く連絡を取り合って集まることができるのが私の理想です。

人は優しい生き物です。
自分の家族を心配する優しい気持ちを患者さんに対しても、素直に出して欲しいのです。この優しさこそがこれから始まっていく「見守りネット」の根本です。

ひまわり堂と出会った方々全員を幸せにしたいと本気で思っています。我々スタッフが一丸となってこの目標を成し得る為に一緒に頑張っていきたいと考えています。

「出会いに感謝しご縁を大切にする」

このフレーズを常に頭に入れ、進んで行ってください。
縁を大切にする為には何をすべきかを考えて進んでください。
必ず明るい未来が待っています。
みんなで幸せになり、みんなを幸せにしましょう!!

ひまわり堂グループ 総院長
永野 重雄

人を救えるから、「本物の治療家」でいられる

本物の治療家を育てたい

「来院される患者さまが生まれてから死ぬまで診れる治療室を続けること」これが私達の使命だと思っています。
そのためにも、当グループで働く方には本物の治療家として育ってほしいと考えています。
確かな技術による施術を行い、必要であれば近隣クリニックとの連携をし、治すということを重んじほしい。
そうして地域の方々から、頼りにしていただくことが大切です。

求める人物像

能動的に自分から動ける人

現在は接骨院とスポーツクラブ内でのリラクゼーションサロンを分院展開しておりますが、分院出店の条件は「人材」であると考えます。
「売り上げがいくらになったら分院を出す」のではなく、やる気のある人が育ったら分院を出して、その人に責任感のある仕事を与えます。
初めは大変かもしれませんが、これはと思った人にはサポートを惜しまないのがモットーです。
また、老人ホームでの機能訓練や入居者に対しての施術も行っております。
接骨院だけに留まる事なく、様々な経験を積んで総合的に治療の技術、人間性まで成長し、真の治療家になっていただきたいと考えております。
将来開業したい方々も治療技術だけでなく、経営知識まで当グループでは学べる環境が整っております。
出し惜しみは致しません。
どんどん飛躍して皆様に成功していただく事が何よりも嬉しい事です。
是非ひまわり堂グループで一緒に仕事をしてみませんか。
たくさんのご応募をお待ちしております。